自動車ローン保証料込み@金利が安い自動車ローン特集! > 自動車ローン選びのコツ > 自動車ローンのシミュレーションで注意するたった1つのポイント

自動車ローンのシミュレーションで注意するたった1つのポイント

Pocket

返済シミュレーション

 

自動車ローンの返済額をシュミレーションする場合に注意することがあります。

それは

【総返済額で比較する】

ということです。

 

「なぁ~んだ、そんなことか」

と思わないで下さい。

 

実は間違った返済シミュレーションをしている人が多いんです。

というのも、多くの人は

  • 銀行などの金融機関の公式サイト
  • ローン返済シュミレーションサイト

などのシュミレーターを利用して返済額を試算しています。

これらのシュミレーションツールで返済額を試算する場合に、下記の情報を入力します。

  • 借入希望額
  • 返済期間
  • ボーナス返済額
  • 金利
  • 返済方法
  • 返済開始月

確かにこれらの情報を入力すると、返済額をシミュレーションすることはできます。

 

でも、自動車ローンの内容によっては、正確な返済額ではない可能性もあるんです。

どんな場合に正確な返済額が計算できないかというと、

  • 保証料が別途必要
  • 事務手数料が別途必要

などのように、金利以外に手数料が発生する場合です。

ほとんどのシュミレーターには、「保証料・手数料」を入力する項目はありません。

なので正しい返済額をシミュレーションできないんです。

一般的な保証料や手数料の相場は、下記になります。

  • 保証料:0.6%~1.6%
  • 事務手数料:1.0%~2.16%

この分だけ金利に上乗せとなるので、返済額はもちろん増えてしまうのです。

なので返済シミュレーターを利用する場合は、金利に「保証料・手数料」を上乗せして試算しなければなりません。

 

保証料・手数料は一括支払い?

保証料や手数料については、その支払い方法についても注意が必要です。

支払い方法には下記の2つがあります。

  • 毎月のローン返済に上乗せして分割支払い
  • 借入時に一括支払い

借入時に一括支払いの場合は、ある程度のまとまった現金が必要となるので注意して下さい。

 

 

記事はお役にたてましたか?

もし記事がお役に立てましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket