自動車ローン保証料込み@金利が安い自動車ローン特集! > 自動車ローン選びのコツ > 自動車買い替え時は自動車保険の「等級の引き継ぎと中断証明書」の活用を!

自動車買い替え時は自動車保険の「等級の引き継ぎと中断証明書」の活用を!

Pocket

今回は自動車ローンとは直接関係しませんが、車購入時の出費を抑えるために知っておきたいことです。

自動車を購入する場合は自動車ローンのことも大切ですが、自動車保険(任意保険)の加入にも注意を払わないと出費がかさむので注意が必要です。

自動車保険について

自動車ローンの場合は金利や返済総額の比較はしやすいですが、自動車保険は保証内容や適用範囲の違いがあるので比較は難しいです。

できれば専門家に相談できればいいのですが、なかなかそうもいきませんよね。

一番お手軽なのは、車を購入するカーディーラーに相談することです。

というのも、カーディーラーの担当営業は、自動車保険の資格を取得し提案できるようにしている人も多いからです。

カーディーラーとしては車の購入&サポートだけでなく、自動車ローンや自動車保険まで含めてトータルサポートしようとしています。

車に関することについては、完全に顧客を囲い込めるような体制をとっているのです。

もちろん購入者にとって一番お得なプランを紹介してくれるかどうかは微妙なので、自分自身でも情報収集する必要はあります。

自動車保険について結構知らない人が多いのが、等級の引き継ぎ中断証明書についてです。

 

等級の引き継ぎとは

自動車保険には等級というものが存在します。

等級数に応じて保険料の割引率が変わってくるのですが、この割引率も年数によって下がり具合が変わってきます。

等級 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
割増引率
無事故
64
(割増)
28
(割増)
12
(割増)
2
(割引)
13
(割引)
19
(割引)
30
(割引)
40
(割引)
43
(割引)
45
(割引)
等級 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
割増引率
無事故
47
(割引)
48
(割引)
49
(割引)
50
(割引)
51
(割引)
52
(割引)
53
(割引)
54
(割引)
55
(割引)
63
(割引)

*ノンフリート契約

契約時は6等級からスタートして、20等級まで割引率が最大になります。

無事故で保険を使わなければ翌年に+1階級となり、逆に事故を起こして保険を利用した場合は翌年に3等級下がってしまいます。

このようにして等級に応じて保険料からの割引率が決まるのですが、車を買い替えた時ってそれまでの等級はどうなると思いますか?

車を買い替えた場合でも、今まで契約していた自動車保険の等級のまま引き継げるので割引率も適用されます。

 

もちろん車種や契約内容に応じて保険料は変わりますが、等級はそのまま引き継がれるので割引率は今まで通りとなります。

そして車の買い替えだけでなく、保険会社を変える場合でも等級の引き継ぎは可能です。

日本国内の保険会社間であれば、保険代理店・ダイレクト保険・外資系保険・全労済・JA共済にかかわらず引き継ぎできます。

車を買い換える場合でもイチから保険に入る必要はありませんので、等級の引き継ぢを利用して出費を抑えましょう。

 

 

中断証明書とは

中断証明書とは、保険契約中の所有している車を廃車・譲渡などにより使用しなくなった場合に、契約を中断する手続きすることで発行される証明書です。

中断証明書を発行することで、その時点の等級を最大10年間保存することができます。

どういうケースで利用するかというと、

  • 長期の海外渡航など一時的に車に乗らなくなる場合
  • 今は乗らなくなったけど、将来的に新たに車を購入する可能性がある場合

中断証明書については保険会社によって発行するための条件は異なってきますので、契約している保険会社に問い合わせしてみて下さい。

 

今まで時間を掛けて積み上げてきた等級を無駄にしなくてすむので、自動車の買い替え時には等級の引き継ぎや中断証明書の発行を活用しましょう。

 

 

記事はお役にたてましたか?

もし記事がお役に立てましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
Pocket

関連記事

  1. 自動車ローンのシミュレーションで注意するたった1つのポイント

      自動車ローンの返済額をシュミレーションする場合に注意することがあります。 それは 【総返済額で比較する】 ということです。   「なぁ~んだ、そんなことか」 と思わないで下さい。   実 […]