自動車ローン保証料込み@金利が安い自動車ローン特集!

*
*

低金利自動車ローンの失敗しない探し方

自動車ローンには金利以外に保証料が別途必要になることがあります。

保証料とは保証人の設定をしない(無担保ローン)代わりに、保証会社が代行して保証する際に発生する費用のことです。

借入額の0.7%~1.6%程度を保証料として支払う必要があり、一般的にはお金を借りる際に先払いで保証料を払い込むことになります。

自動車ローンとして200万円を借りる場合は、保証料が1%ならば2万円が現金として借入時に必要になる計算になります。

お金を借りるのに必要と言われれば支払うしかないのですが、この保証料はマイカーローンに関連する諸費用としては最も無意味な費用と言えます。

ローン返済が滞った際にお金を借りた金融機関から保証会社へ債権が変わるだけで、何の保証をしてくれる訳ではありません。

さらにこの保証料がややこしいのは、自動車ローンの金利に保証料が含まれている場合とそうでない場合があることです。

 

【保証料が含まれている自動車ローン】

静岡銀行マイカーローン
自動車ローンを徹底比較申込! 【イー・ローン】

などがあります。

銀行系の自動車ローンは保証料込みのケースが多く、ネット申し込み限定のローンだと低金利の設定となっています。

 

【保証料が含まれていない自動車ローン】

JAバンク:マイカーローン
ろうきん:カーライフローン

JAバンクや労金の場合、保証料は借りる人が借入先団体の組合員や構成員であるかないかで保証料の利率が変わってきます。

労金のカーライフローンの場合だと、団体下院の構成員の場合は保証証が年0.700%で、構成員でない一般勤労者の場合は年1.200%です。

JAバンクや労金からお金を借りる場合は、金利にも同様に違いが生じるのでそちらも必ずチェックしておきましょう。

 

【まとめ】

注意して欲しいのは「保証料込みの自動車ローンを選びましょう!」ということではなく、発生する費用やキャンペーン金利の適用などの条件を全て含めたうえで「総返済額の差異」で自動車ローンを比較しようということです。

表示されている金利が低いと一瞬お得に思えますが、さきの保証料が別途必要になったり、じつは店頭申し込みよりもネット申し込みの方がお得な限定金利が適用されるケースがあるからです。

全ての条件を踏まえたうえで、総返済額がいくらになるのかを試算して一番お得な自動車ローンを選ぶようにしましょう。

でも、実は金利比較だけをしているとローンの借入れに失敗することがあるです。

というのも、ローンには必ず審査があるからです。

一般的に金利が低いほど審査は厳しくなる傾向にあります。

自動車ローンには必ず「貸付条件」が設定されています。

例えばインターネットで申し込みができる「常陽銀行:joyo車」では下記のような利用条件が設定されています。

(常陽銀行:joyo車 - ご利用いただける方)
・当行営業地盤内(都内の一部地域、大阪を除く)に勤務またはお住まいの方

地方銀行に多いのですが、営業エリア内に住んでいるか働いている人が対象になることがあります。

そのエリア外でも借りられる場合もあるので、借りたい場合は問い合わせをしてみるのがいいと思います。

こちらは関西の地銀ですが、ネット申し込みが可能な全国対応のマイカーローンです。「関西アーバン銀行:マイカーローン

申し込みから融資まで来店不要で手続きを進められるので、平日忙しい方にオススメのマイカーローンです。

 

【審査項目の詳細は公表されていません】

借入条件は表示されている項目だけでなく、さまざまな観点から審査が行われます。

それだけに表示されている条件をクリアしていても、審査落ちしてしまうことがあります。

審査項目や基準についての詳細はどの金融機関もオープンにしていませんが、審査内容と金利は密接な関係があると言われています。

返済能力の高い人には金利を安くしてでも借りて欲しいですが、返済に不安がある人は万が一の貸し倒れの危険も含めて金利を高く設定するようなイメージです。

だから、金利が安いから「この自動車ローンで借りたい」と思っても審査によって借りられない場合もあるということなのです。

ということは自分の信用力となる「年収・職業・勤続年数」などを踏まえて、借りられそうな金融機関を選ぶことが大切です。

手当たり次第に申し込んで審査落ちしてしまうと、信用調査機関に「審査落ち」のデータが残ってしまう可能性もあるので注意して下さい。

 

そうならないためにも申し込みは慎重に行いましょう。

でも、審査項目や基準がハッキリと分からないのですから、審査に通るか落ちるか分かりませんよね。

そんな時のために、金融機関によっては「仮審査」ができる自動車ローンを用意している場合があります。

仮審査ならば審査結果が信用調査機関にデータとして残らないので、審査に通るかどうか試してみやすいですよね。

公式サイト上から無料で簡単に利用することができるので、審査が心配な人は一度お試し下さい。

もちろん正式な審査申し込みではないので、仮審査だけ受けて申し込まないことも可能です。

仮審査ができる自動車ローンはコチラです。

【インターネットで仮審査が申し込める自動車ローン】

住信SBIネット銀行 MR.自動車ローン
静岡銀行マイカーローン

 

 

自動車ローン金利比較の注意点は保証料が含まれているかどうか!?

自動車ローンには保証料が必要になる場合があるので注意が必要です。 自動車ローンの金利比較をする場合に、大体の場合は公式サイトページなどに明記されている実質年率や金利を比較する人が多いかと思います。 金利3%と金利5%では、比較するまでもなく金利3%のローンを借りた方がお得です。 金利が安ければ安いほど利子としてして支払うお金も少なくなるので、返済の負担は楽になります。 しかしここで注意しないといけないことがあります。 それはホームページで明記されている金利に保証料が組み込まれているかどうかということです。 保証料というのは借り入れする人と貸し出しする金融機関の間に保証会社が介入しそのことで発生する費用のことを指します。 この保証料のややこしいところは、自動車ローンの金利に含まれている場合と含まれていない場合があることです。 例えば低金利の自動車ローンとして人気のJA(農協)のマイカーローンでは、金利が1 %台の場合もありますがそれとは別に1%から2%の保証料が上乗せされます。 トータルすると3%前後の金利ということになり、その他の自動車ローンと比較すると返済額が高くなってしまうことがあります。 自動車ローンの金利比較は、この保証料も込みなってるかどうかを必ず確認しください。 銀行系ローンでは保証料込みの場合が多いのですが、たまに保証料別になっている場合があります。 特に実質年率・金利が1 %台など、他社ローンと比較して安い場合は注意してください。日立キャピタルや損保ジャパンなどは、保証料込みで2%台と言う低金利を実現しているので人気となっています。 これらのように自動車ローンの金利には保証料という存在があるので、その有無を確認してから返済シュミレーションを行うようにしてください。

自動車ローン

低金利&保証料込みの人気の自動車ローンはコチラ!

  自動車ローン比較する場合のチェックポイントは下記になります。 1,金利が安い 2,保証料・手数料が無料 3,仮審査・事前審査ができる この3つの条件が揃っている自動車ローンでお金を借りるのが、賢い資金調達の方法です。 3つの項目をクリアしている自動車ローンを最後に紹…

ローン比較

ネットバンクの自動車ローンにするか残価設定型クレジットかを迷い中!

次の車検が来る前に車の買い替えを検討しています。 今は日産のセレナに乗っているのですが、2002年に購入した車なので下取りはあまり期待できません。 それだけに次も日産で買い換えた方が、下取りを頑張ってくれるかなと思っています。 でも本当に乗りたいのは、トヨタのノアかホンダのステップワゴンで…

自動車の画像

低金利の自動車ローンを見つけるためにするべきこと

  低金利の自動車ローンを比較していると、銀行の自動車ローンが多いことに気づきます。 銀行の場合、用途を限定しているローンについては、用途自由なフリーローンよりも金利が低く設定される傾向にあります。 JA バンクや労金の自動車ローンも金利が低いですが、別途保証料が必要になるの…

自動車に乗る男性

自動車ローン審査に自信がない人は仮審査を利用してみませんか?

  オートローン審査を受けるときに心配なのが、「審査に通るかどうか」「審査落ちしたらどうしよう」ということです。 ローンの審査については、審査項目や審査内容は公表されていません。 各金融機関によって内容が異なっていて、借りる側からは分からないようになっているのです。 一般的…